税理士法人 荻田会計事務所

INFORMATION

【月刊 OGITAニュース 2024年6月号 ~相続シリーズ① 相続税の申告って必要?不要?~】をアップしました

 

いつもご覧いただきありがとうございます。

ここ数年、当所では個人のお客様より「相続税申告」のご相談をいただくことが増えてきました。

そこで、今回からの月刊 OGITAニュースでは、相続税申告にまつわる基礎的な情報を数回に渡りお届けしてまいります。

 

 

今月のトピック:相続シリーズ①「相続税の申告って必要?不要?」

 

「大切な家族が亡くなって財産を相続したけど、相続税の申告って必要?」と疑問や不安に感じる方は多いと思います。
相続税の申告は、亡くなられた日の翌日から10ヶ月以内に行うことになっています。
ただし、相続が発生すれば、必ずしも申告が必要かというとそうではありません。今回は、相続税の申告が不要なケースを紹介したいと思います。

 

相続税の申告が必要かどうかの判断基準は「基礎控除額」

 

相続した財産の額から借金や葬式費用を差し引いた後の金額(以下、遺産総額)が、基礎控除額以下の場合は相続税がかからないため申告が不要となります。
基礎控除額の具体的な計算式は、以下のとおりです。

基礎控除額 = 3,000万円+(600万円×法定相続人の数)

 

例えば、相続人が「配偶者と子2人」の場合、法定相続人の数は3人となり、基礎控除額は「3,000万円+(600万円×3人)=4,800万円」となるので、

遺産総額が4,800万円以下となる場合は相続税がかからず、相続税の申告は不要です。
反対に、遺産総額が4,800万円を超える場合は、相続税の申告が必要となります。

 

上記のことから、相続税の申告が必要かどうかの判断基準は遺産総額が基礎控除額を超えるかどうかということになります。

 

相続税の申告が必要かどうか判断に迷われる方その他相続に関するお悩みをお持ちの方は、お気軽に当所までご相談ください。
相続税の申告や手続きなど幅広くサポートさせていただきます。

 

次回は「法定相続人」についてのお話をお届けします。

 

————————————————————————————————————

(今月の納税情報 ※主なもの)
6/10(月)【納付】

5月分 源泉所得税  5月分 住民税特別徴収額

7/1(月)

【申告・納付】

確定申告 … 4月決算法人  中間申告 … 10月決算法人

消費税中間申告(年3回納付のみ該当) … 7月、10月、1月決算法人

————————————————————————————————————

 

~税に関する様々なご相談をお待ちしております~

税理士法人 荻田会計事務所では、滋賀県東近江市を中心に法人や個人事業者さまをはじめ、
個人のお客様からの相続税申告や贈与税申告のご相談まで幅広く丁寧に対応しております。

【税理士法人 荻田会計事務所】
〒527-0023 滋賀県東近江市八日市緑町30番26号
TEL:0748-23-0714 / FAX:0748-23-4458

E-mail:info@ogitakaikei.com